婚活サイトの口コミ評価ランキング

婚活サイトのレビューと評価について

婚活サイトの比較と口コミレビュー情報館を作ろうと思ったのにはわけがある!それはかつて結婚相談所で多くの失敗をし、そしてお見合パーティーで痛い思いをし、ネットの婚活サイトですごい額を使ったからだ。社会人の独身である程度資金にも余裕があったとは言え、かなり無駄遣いをしてしまったことは否めない。

 

おそらく婚活サイトに使ったお金は車数台分。車よりも恋愛の方が楽しかったので後悔はしていないが、大量投資が故に得ることができた自分の体験談を正直にレビューしていき、それぞれの婚活サイトに独自の評価をつけてランキング付していきたいと思う。

 

最終的な結論を言ってしまえば出会いの半分は運、必要なのは情報力とある程度の資金。この二つは絶対的。やはり行動の数−失敗=出会いにつながるのである程度のリスクは覚悟しておいた方が良いと思う。

 

後で詳しく評価を述べるが、婚活サイトは年々リーズナブルになっており、月に1万位の予算を見れば毎週末誰かとデートできると思う。この情報館において新しい出会いが生まれればこんなにうれしいことはない。

 

 

 

参考サイト:結婚相談所の口コミ最新情報


周囲の友人は結婚、出産を幸せな環境を築いていく人が多い中で30代で離婚してしまい今後に不安を抱えている人も多くいるだろう。しかし世の中には30代女性も数多く再婚しており、そして幸せになっている。30代女性の再婚は決して難しいわけではない。ここでは幸せな再婚をした方々の体験談を紹介しよう。

 

 

30代後半,バツイチ,女性,婚活 

 

 

30歳で離婚(3歳の子どもあり)、37歳で再婚した女性の場合

 

離婚当初は幼い子どもを抱えておりこの世の終わりという感情も何度も味わいました。しかし幸運にも家族の助けをかりながら働きシングルマザーをしていたが保育所の運動会等を通じ子どもが父親を意識するようになったことをきっかけで婚活を始めました。

 

バツイチというだけで婚活も不安でしたが最初の結婚より結婚の長短を知っていたのでリアルな条件で婚活ができました。バツイチであっても子持ちであっても結婚相談所やパーティではアプローチしてくださる人もいらっしゃいました。

 

最終的に家族というものに対する価値観が同じだった子持ちのバツイチ男性と結婚し、今では2人の間にも子どもができて家族5人で幸せに暮らしています。

 

 

 

 

34歳で離婚、36歳で再婚した女性の場合

 

夫の借金が原因で離婚をしました。子どもが長年の夢だったので高齢出産の目安となる35歳を目前とした年齢での離婚は精神的に結構堪えましたが、リミットの時間もあったので割とすぐ婚活を始めました。

 

結婚相談所の利用も考えましたがまずはお見合いパーティから始め、初婚の2歳年下男性を捕まえることができました。正直自分の離婚歴がずっとネックでしたが彼ももう30代も中盤。相手のご両親も諦めていたのか(笑)快く受け入れて頂けました。

 

 

36歳で離婚、40歳で再婚した女性の場合

 

離婚した際は失意のどん底でしたが色々なご縁でアプローチしてくださる方がいらっしゃり自信を取り戻し最終的には結婚相談所で出会った方と結婚しました。1回目の結婚より条件も良く我ながらいい人を捕まえたと思っています。

 

年を取ってからの婚活はいい男性が余っていないのではないかと思われがちですが、いい男は結構いましたよ。未婚の方もバツがついている方もいましたが、考え方は人それぞれ。最初の結婚の時のように若さゆえに突っ走る恋愛ではなく、大人な恋愛、婚活ができると思います。

 

 

続きを読む≫ 2015/11/25 13:05:25

婚活デートで1番困るのが、女性と会話をしている時、ふとした時に突然訪れる沈黙だ。そんな時、なかなか良い話題が思いつかずに焦り、困ってしまうというのは、誰にでもある経験ではないだろうか。自分が口下手だという自覚がある場合、会話が弾まないのではないかと不安になることもある。

 

また、話題づくりが下手だから、話しかけても彼女は楽しんでいないのでは、という風に考えてしまう人もいるだろう。

 

だが、付き合い始めたばかりの頃は、会話で悩んでしまうというのは誰にでも起こりえることである。そこを乗り越えたからこそ、2人の関係がより深まり、進展していくということも多い。
婚活サイト,初デート

 

では、相手の女性との会話を盛り上げるコツには、どのようなものがあるのだろうか。まず、彼女の好きなこと、趣味を話題にするというコツがある。自分が情熱を持ってやっていることについては、饒舌になる人が多いからだ。

 

それに、彼女が楽しそうに話してくれれば、聞いている方も嬉しいものだ。

 

婚活サイトに登録した後は、女性の写真、プロフィールを実際に見ながらパートナーを探すことになる。プロフィールには、写真や職業、居住地、また血液型や学歴、身長、さらに体型などの基本的な項目だけでなく、趣味や短所・長所といった性格、自己PRなど色々な項目もある。

 

 

それらを見ながら、どのような女性がいるか、自分の好み、条件に合う女性はいるだろうか、と考えながらパートナー探しをするのだ。

 

相性が大事だと考えていても、実際に婚活サイトでプロフィールなどを見ていると、やはり女性の写真が最も気になるという人が多い。

 

婚活サイト,メール返信,遅い,来なくなる 
男性からメールが来る確率が大幅に上がるため、婚活サイトのプロフィール欄に自分の写真を掲載している、という女性もいる。

 

その女性の写真を見て、可愛い、または綺麗だと感じ、メールして話してみたいと思った場合、同じことを他の男性も思っている可能性は高い。

 

婚活サイトにおいて、最大の難点となるのがこういうところである。1人の女性に対し、ライバルが非常に多いことがあるのだ。

 

写真写り、見栄えが良い女性には、男性からの人気が集まることが多いため、自然とメール申し込みも集中してしまい、男性側からしたらなかなか返事が来ない、という状態になるのだ。

 

せっかく婚活サイトに登録していても、女性にメールをしたのに返事がもらえないのでは、登録した意味がない。

 

今回は婚活サイトで女性の脈あり、ナシを瞬時にみっ極めるコツについて書いておきたい。

 

そもそも男性は、相手の気持ちを見極めるということが苦手なため、女性の気持ちが分からない人が多いのである。大昔は男性は狩りをするのが仕事であり、そのために相手や仲間の気持ちを理解する必要はなく、代わりにチームで動くための空間把握能力や咄嗟の行動のための判断力に長けている。

 

逆に女性はすみかを守って集団生活をするため、相手の気持ちを読み取る能力に長けている。女性の脈あり、脈なしの見極め方には、このことを踏まえておいた方が良い。

 

つまりよほど注意しないといけないということ。

 

 

婚活サイト,女性,脈あり,なし 

婚活サイトを利用するにはお金がかかるが、掛け持ちして少しでも出会いのチャンスを広めようとしている人は、少しでも安く使うことはできないか、と考えるのではないだろうか?

 

掛け持ちをしないで使おうという人でも、安く使えるのであれば、それに越したことはない。では、どのようにすれば婚活サイトを安く使えるのだろうか。

 

かなり安くできる方法として、自分にとって必要でないオプションサービスはとことん省いてしまう、ということが挙げられる。

 

 

具体的には、サイト上で自分のプロフィールがよく表示されるようにする、サイトで担当者をつけてもらうなどだ。一見便利に思えるが、実は必要のないオプションサービスがついている、ということは少なくないのである。

 

 

婚活をする前にあれもこれもと色々なサービスを追加してしまうと、本来の目的から外れるということもある。婚活サイト側からのアドバイス、助言が欲しいという人もいるかもしれないが、よほどでない限りは必要ないのだ。

 

婚活サイト,安く使う,コツ,方法

 

あった方が便利になるのではないか、いずれ使うかもしれない、というようなサービスはできるだけ省いてしまった方が良い。無意味なサービスを付けたところで、その機能を使いこなせるとは限らないし、そのサービスを付けたことを忘れていることも多いので、何となくでサービスを追加するのは避けるべきなのだ。

 

また、中には3ヶ月、半年など長期間分の月額使用料金を支払うことで割引される、というサイトも多い。サイトによって利用料金は違うが、3ヶ月、半年のような長期間プランを利用した方が、安く利用できるわけだ。

 

 

1ヶ月だけで良い相手が見つかる、というのはかなり幸運なケースであり、ほとんどの場合3ヶ月から半年はかかることになる。

 

 

とは言え、良い相手が見つかり、恋人として付き合い始めることができれば、婚活サイトは退会することになるので、あまり長い期間分支払うのは躊躇われるという人もいるだろう。半年分を支払うのは、というならば3ヶ月プランにすれば良い。

 

少しでも節約し、安く利用することでその分のお金で服を買ったり、美容院に行ったりと、自分磨きに使った方が良いと言える。婚活サイトは、あくまでも出会いのチャンスを求めて利用する場なので、余計な費用がかからないようにするべきなのだ。

婚活サイトを掛け持ちするのは、浮気している、はしたないというようなイメージを持つ人もいる。しかし、実際にはそのようなことはないのである。むしろ、余裕があるのであれば婚活サイトは掛け持ちした方が良い。

 

これは、それぞれのサイトによって登録している人が違っていることが多いからだ。さらに言うならば、掛け持ちすることでより出会いのチャンスを増やせる、ということもある。

 

実際、婚活をしていると明言している人のサイトやブログを見てみても、複数のサイトを掛け持ちしている人の方が多いのだ。結局、婚活サイトというのは単なる手段であり、可能性を広げるためには、余裕さえあれば掛け持ちするべきなのだ。

 

 

婚活サイト,掛け持ち,複数 

 

同時に多くの人とやり取りをするのは大変、金銭的に余裕がない、どうしても後ろめたい気持ちがある、というのであれば1つのサイトで2ヶ月から3ヶ月ほど活動してみて、手応えが感じられなかった場合に他のサイトに乗り換える、というのでも構わない。

 

婚活サイトの仕組みとは、どのようなものなのか。そもそも、婚活サイトは結婚を希望している男女が多く集まる場である。

 

 

ネットのメリットを活かすことで、自分が普通に生活している中では出会えないような人と出会える、というのが1番の特徴だろう。普段は仕事で忙しく、婚活パーティーに行けないという人でも出会えるチャンスがある、というのが婚活サイトなのだ。

 

サイトでは、年齢、住んでいる地域、血液型や職業、身長や体重、年収などと写真が表示され、リストになっている。詳しい自己紹介を掲載することも可能だ。また、性別、年齢、地域などで検索することができる。基本的に月額制になっており、相場は3000円程度である。

 

婚活サイト,仕組み,相場

 

最近はフェイスブックの婚活サイト、MIXIやラインの無料に近い婚活サイトもあるが、どちらかというとそれは出会い系であり、キチンと結婚相手が探せる婚活サイトの相場は5000円ぐらいは予算を見た方が良い。

 

 

ただ、同じ値段でもあまり人がいないサイト、質が良くないサイトもあるため注意が必要だ。料金は3ヶ月、半年などの長期契約として一括で支払うと、1ヶ月ずつ支払うよりも割安になることが多い。恋人探し、婚活には時間がかかるのが普通なので、数ヶ月はかかると思って利用することだ。

 

 

婚活サイトで知り合った人と友達どまりになってしまい、恋愛相手として見てもらえないという人がいる。これを避けるためには、相手に自分を恋愛対象として見てもらわなければならない。これには、それなりに考えて動く必要がある。

 

メールではあまり好意を伝え過ぎないようにし、紳士、淑女であることを心がける。実際に会っている時間に好意を感じさせるようにし、会っていない時には冷静でいるようにするのだ。これは、意識していなければなかなかできないことだが、重要なことである。

 

会っていない時にはメールの返信もすぐには送らず、文章も淡々としたものにしておき、会っている時にはスキンシップや好意を伝えるのだ。

 

これによって、相手は会っている時と会っていない時の態度の違いに驚き、戸惑うことだろう。こうすることで、恋愛心理を上手く利用して相手を不安にさせる、やりとり駆け引きと呼ばれるアプローチ方法だ。

 

 

婚活サイト,友達どまり,発展 

 

 

メールでも好意を伝えていると追いかける恋愛になってしまい、こちらの立場が弱くなって相手が逃げるのだ。付き合う前の相手には、こちらからあまりガツガツした態度を見せるのは、得策ではないのである。

 

もちろん、既に付き合っている、両思いであればメールでも会っていても好意を伝えて構わない。問題となるのは、付き合う前、両思いではない状態で好意を表しすぎることなのだ。

 

では、デートの時にどうやって好意を感じさせれば良いのだろうか。まず、自分はデートに来たのだと感じさせることである。こちらのことを恋愛対象と思わずに来た場合、そのままでは何も進展しないのだ。

 

 

だからこそ、デートに来たのだということを気付かせることが重要になる。

 

 

これには、デートに誘う時にはデートであることを意識させないようにし、実際にデートで会って楽しい時間を過ごしている時に、「こんなにいい人とデートするなんて久しぶり」、「こんな素敵な人と2人でいられるのは幸せ、デートしているように見えているだろうか」、「あなたのような恋人がいれば」というようなことを言うのだ。冗談のように、笑いながら言うのが効果的なので、真顔で言わないようにする。

 

こうして、相手は自分がデートに来ているのだということを意識すると同時に、こちらのことを恋愛対象として意識するのである。

婚活サイトからの初デートは、結婚相手としてふさわしいのか、どんな人間なのかと考えながら会うため、しばしば面接と言われる。

 

 

そんな婚活での初デートを成功させるには、いくつかコツがある。
うまくいかなくても仕方ないと思っていた方が良い。

 

どれだけ注意しても、何かしらミスしてしまうことはある。それを反省して次につなげることが大事なのだ。

 

最初はまだ信頼関係ができていないため、焦らないようにする。少しずつ仲を深め、信頼関係を築いていくことだ。

 

また、会う時には身だしなみに気をつける。

 

婚活サイト,初デート

 

 

人間は外見だけではない、とは言っても第一印象は良いに越したことはないし、見せてもらった写真とイメージが違うと思われるのも避けるべきだからだ。見た目だけでなく、においにも注意する。夏場は特に汗のにおいに気をつけ、香水などはつけすぎないようにしなければならない。

 

中には、そういったにおいが苦手という人もいるからだ。

 

約束の10分前には待ち合わせ場所に到着するようにし、万一遅刻してしまいそうな場合は、それが分かった時点ですぐに連絡を入れる。

 

 

どのくらい遅れるのか分かればそれも伝え、長く待たせてしまいそうな場合は、近くのお店に入ってもらうなどの気遣いが必要である。到着して合流できたら、きちんと謝るのも忘れてはいけない。

 

デートで会ったら、緊張していても笑顔を見せるようにした方が良い。不機嫌なのではと思われたり、怖いという印象を持たれたりしないように、自分の表情に気を配るようにする。さらに、相手のペースにも気を配る。

 

歩くはやさだけでなく、会話のペースや食事のペースなどを合わせたり、気遣う言葉をかけるのは重要である。男性も女性もお互いに気遣い、また相手の気遣いに気付くことができればなお良い。

 

会話では自分だけが話しすぎる、自分のことを話さなさすぎる、ということを避けるようにする。相手の興味のあるもの、好みなどについて聞くようにすると話も盛り上がり、次回に繋げやすい。

 

 

 

初めてのデートでは男女ともに無理に奢ったり奢られたり、ということがないようにする。割り勘を基本と考えていた方が良い。男性でどうしても奢りたい場合は、負担を感じさせない程度にする。

 

デートが終わったら、その日のうちに感謝の言葉をメールなどで伝える。ただし、メールのペースは人によって違うため、すぐに返事がないからと言って焦らないことだ。

 

すれ違いマッチ,評判,感想,であえる

むかしドラクエですれ違い機能というのがあってあれはあれで楽しめたし、同じ電車とか道路に婚活を希望している人が表示されるのが面白い!と思って放置していたマッチアラームを再度利用

 

偶然の出会いの演出にこだわるこの会社の戦略にまた乗ってみたので、その感想を書いてみたい。

 

フェイスブックお見合いのように自分から攻めるタイプと、マッチアラームのような自動マッチングと実際にどちらの方が良いのか?というのが最終的な結論だが・・・。

 

一言でいえば、「同じ地域にいても、顔が分からないとお金を払い続けてメールを送る気がしなくなる」ということ。
後はなぜネット婚活を外でやるの?という点だ。

 

すれ違いマッチ,評判,感想,であえる

・・・というわけでメリットやデメリットをまとめる。

 

 

 


完全版!婚活サイトの全一覧比較へ





最強の出会いの場一覧! パーティーの攻略と口コミ